ここ何年かで光回線業者の人が高齢者のうちを訪れ強引な勧誘や無理な契約を迫るケースが増えています

近年になって、光回線の業者の人が高齢の方が住むお宅を訪問し、強引な勧誘を迫ったり、判断力が低下したお年寄りを言いくるめて契約させるなど、光回線の契約に関したトラブルが増えています。
そのような事態を鑑みて、総務省では契約から8日以内であれば解約が行える光回線契約に際し2015年にもクーリングオフ制度を導入する方針を明確にしました。
早いといわれている光回線が安定しない一つの理由として、光回線は、近隣住居やマンションの中などで回線を分配しているため、多く使用する人の居る場所では遅くなることもあります。
週末や夜などのある一定の時間帯に特に遅くなり、不安定な時はこの理由のせいかもしれません。
住居を移転したら、移転先の住居がフレッツ光以外の回線には対応していませんでした。
かねてから使用していた通信会社を一新することなく活用したかったのですが、他に選択の余地がなく、用いることにしました。
月に一度のことなので昔の倍の値段の負担が重いです。
毎月請求される光回線の料金は定額を差し引かれているため、それほど意識することがないかもしれませんが、携帯などの料金と合わせた場合を考慮すると、毎月かなり多くの金額を通信費用として支払っていることになります。
いくつかある通信料金プランの中から少しでも安価なプランで契約をまとめたいものです。