カラコンをつけたままのプールだめ?

プールや海に出かける際にカラコンをつけていく人も多いかと思いますが、水に入る時にはできればカラコンを外すようにしてください。
プールの消毒用の塩素や、海の雑菌などが付着してしまい目にトラブルが生じてしまうこともあるのです。
カラコンに有害物質が付着したまま装着を続けていると、取り返しのつかないような重大な目の疾患を起こしてしまうこともあり、大変危険です。
顔を水につけずに少し遊ぶ程度でしたら大丈夫かもしれませんが、突然水がかかったりすることもありますので、思わず条件反射で目をこすってしまったりもするでしょう。
水着に合わせてカラコンでオシャレも楽しみたいという気持ちも分かりますが、目の保護を考えるのであればプールや海でのカラコンの使用は避けるべきだと言えます。