医療脱毛は痛みが激しい?

医療脱毛というのものは病院やクリニックで行っている脱毛です。
脱毛サロンの場合では専門的な資格が無くても施術をすることが可能なのですが、医療脱毛は医師や看護師の資格を所持していないと施術することができません。
医療脱毛にも種類があって、主な方法としてニードル脱毛とレーザー脱毛が採られています。
ニードル脱毛は電気針というものを毛穴に入れて毛根を壊していきます。
以前はこの脱毛方法が主流でしたが、皮膚への負担も大きくまた痛みも激しかったため、レーザーを使った脱毛が大半です。
レーザーを使って毛根を破壊するレーザー脱毛はニードル脱毛に比べると効果は低くなりますが、痛みがより小さく皮膚への負担が少ないといったメリットがあるのです。
脱毛器も日々進化していますが、どうしても、プロの技術とプロ用の脱毛器のノーノーヘアには敵いません。
しかも、脱毛サロンの方が安全性が高く、安心して任せることができます。
見た目に綺麗な脱毛がしたい人や痛みが苦手な人、肌の状態に不安がある人は、脱毛サロンの方が無難かもしれませんね。
自分で気兼ねなく脱毛したいという人は脱毛器にした方がいいでしょう。
毛が多いのを何とかしたいと思っている場合、永久脱毛という方法を選ぶことができます。
永久脱毛は医療脱毛になるので脱毛クリニックで行うもので、エステサロンでは施術してもらえません。
その訳は、永久脱毛は法律で医療行為とされるからです。
したがって、もし、永久脱毛をうけるためにサロン通いをする場合は、脱毛クリニックに行く必要があります。
クリニックで脱毛するのとエステサロンで脱毛する大きな違いは脱毛後の手入れのしやすさと言っていいでしょう。
医療機関でしか使用できない医療用レーザーで施術を行うのでエステで行われる脱毛より効果があります。
医療機関でなくエステでの脱毛だと期待したほどの脱毛効果を実感できなかった人でも専門医による脱毛なら周囲の評判通りの効果を感じることができると思います。

フェミークリニックおすすめ