住宅ローン借り換え相談の条件とは?ランキング調査。

住宅ローン借り換え相談では、自分の条件が住宅ローン借り換えをするメリットがあるのか判断する材料を得ることが出来ますね。
一般的に言われているのが金利差1%以上、返済期間10年以上です。
とはいっても、諸経費がどれだけかかるかはケースごとに変わってきますし、連帯債務でローンを組んでいた場合には、1本化するときに贈与税が発生することもあるので、税務署、銀行のプランナーに借り換え相談をしておくのが安心です。
現在、住宅ローンの金利は低水準で推移しています。
2.
5%前後の金利でローンを組んでいるなら、借り換え時と言えるでしょう。
返済期間が10年以上残っているなら、支払総額が300万円前後も違ってくる場合もあります。
詳しいシミュレーションを受けてみると良いですね。

住宅ローンランキング!おすすめ銀行は?【2017年3月最安金利】