レスベラトロールには寿命延長作用があります。これは既にわかっていることですから、そのサプリメントは爆発的に市場拡大をしています。(笑顔)それまでも認知機能の向上によって、心血管関連についての改善効果が見られることも分かっています。(笑顔)病気に対する治療薬としての効果があったと言うことですね。

いくら健康志向でも、明確に効果がなければ誰も飲まないと言うことです。しかし、アンチエイジングに関する市場は違いますよね。効果があると言ううわさが広がると、それだけで注目されます。日本ではNHKがレスベラトロールの効果についてテレビ番組を放映しています。その影響でレスベラトロールに注目が集まったと言うことですね。

そんなことで、アメリカではそれ以前から市場拡大が続いていると言います。しかし、日本ではイタドリからの抽出物は医薬品とみなされているので、アメリカから輸入したレスベラトロールのサプリメントは違法になると言えます。次にレスベラトロールの寿命延長効果については、サーチュイン遺伝子を活性化することで効果を上げることが出来ます。

言い換えると、つまりレスベラトロールが直接作用する訳ではないと言うことですね。この仕組みは既に解明されています。またメカニズムが明確になっています。しかし、どの程度の作用があるのかと言うことは明確ではありません。※個人差が大きいと言います。